head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >三軒茶屋開室記念コラム

三軒茶屋開室記念コラム 「困れる人の傍らに」 


 この度、臨床心理士&公認心理士ユニット みこと心理臨床処は、三軒茶屋に初めての庵を結びました。

心理職としては年齢もキャリアも個性も違う私たち3人の共通の思いは、困っている人の声を聞き、支えることが我々心理職の本分であり使命であるということです。その本分を果たすための一つの目標としてきたのが、クライエントを迎えるための部屋を構えることでした。そこで今回は、私たちにとっての第2のスタートとなる三茶庵開室に寄せて、改めて私たちの想いを書かせていただこうと思います。

 “「困った子ども」は「困っている子ども」”という言葉を、教育の場ではよく聞きます。これは“子ども”を“人”に置き換えても言えることなのではないでしょうか。

 “困った人”は“困っている人”。そしてその困っている人の周りには、その人を心配したり、その人にまつわることで困ったりしている人がいるかも知れない。みことはそんな方々の傍らにありたいと考えています。

ところで、知り合いなどにカウンセラーを生業としていると言うと「自分はそんなにメンタル病んでないけど絶対必要な仕事だよね」という言葉がよく返ってきます。必要なことはわかる。でも自分には縁はない。そんなふうに思いながら日々暮らしている方は、実は多いのかも知れません。

けれど、そこに一つの誤解があります。カウンセリングとは何も「メンタル病んでる人」のためだけのものではないということです。

「困っている人」とは何も、心に傷を負った人や困難を抱えている人だけとは限りません。その周りの人―家族や大切な人がひどく傷ついたり困ったりしている人にも、私たちの支えが必要になることがあります。

 むしろ周囲の方の方が「自分がしっかりしなくては」「自分がこの人を支えなくては」と頑張り過ぎてしまい、心身ともにダウンしてしまうなどということは、よくあります。

 傷ついている人ほど「こんなものは傷のうちに入らない」と自分を叱咤して結果的に傷が深くなってしまうことも、よくあります。

 そうなる前に、あるいはそうなってしまってからでも。困っている人とその周りで心を痛めている人に、私たちの庵を訪れてほしいと思うのです。

 この庵で一度荷物を下ろし、ゆるりとあなたの話を、困りごとを聞かせてくださいませんか。

 困っているあなたの側に、私たちはいます。

                     (文責:C.N)


コラム(テキスト版)倉庫

2022.9.26 三軒茶屋開室記念コラム「困れる人の傍らに」
2022.9.19 連載『家族だって他人』第34回「真実は人の数だけ」
2022.9.12 連載『家族だって他人』第33回「ポン酢しょうゆが無くたって」
2022.9.5 連載『家族だって他人』第32回「秘密は誰にでもある」
2022.8.29 連載『家族だって他人』第31回「家族を始めること」
2022.8.22 つれづれコラム「暑中お見舞い申し上げます」
2022.8.22 連載『家族だって他人』第30回「虚構の前の僕と私」
2022.8.15 連載『家族だって他人』第29回「離れても暖めて」
2022.8.1 連載『家族だって他人』第28回「家族のカタチ」
2022.7.25 連載『家族だって他人』第27回「玉虫色の僕ら」
2022.7.18 連載『家族だって他人』第26回「心と言葉と行動と」
2022.7.11 連載『家族だって他人』第25回「ある朝のこと」
2022.7.4 連載『家族だって他人』第24回「矛盾は ものの上手なり」
2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る