head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』第37回

コラム『家族だって他人』第37回 親を越えてすすめ


 思春期というのは、親の価値観を否定して、大人の作る社会に反抗して、親や大人の価値観とは違う自分の価値観を求めて戦い、自分とは何者かを打ち立てていく時期だ、と思う。

 もうだいぶ昔の話だけれど、中学生の頃の私も、中学生らしい潔癖さで大人のズルさや身勝手さを嫌っていた。そして、身近な大人よりも、自分の思想のために命をかけた歴史上の人物や、葛藤しながら成長していく小説の主人公の方に、親近感を覚えた。

 死ぬことは全然怖くなかった。むしろ生きて誰かを傷つけたり、自分の身可愛さに醜い行いをしてしまうことの方が怖かった。今の私からすると、眩しいくらいの清らかさで、失笑ものである。

 表面上親に反抗することはなかった私の、一番の大きな挑戦は、父の反対を押し切ってアメリカに交換留学したことだ。中学3年制の夏に試験を受けて、高校1年生の夏に生まれて初めて飛行機に乗って、アメリカのジョージア州に留学した。1年間のホームステイだった。

 私にとって、父親の反対を押し切ってのこの留学は、社会適応的な反抗期だった、と思っている。それまでは、親がダメだと言ったことは本当にダメだったし、叶わなかった。泣いても怒っても、決定して責任を取るのは親だった。でも、この留学のとき、私は父に何度反対されても負けなかった。留学試験の費用を、お年玉貯金から出し、合格を勝ち取った。出発の直前まではぶつぶつ言っていた父も、結果的には応援してくれたし、英語を獲得して戻ったことを喜んでくれた。

 それは私にとって、親が反対しても自分でやりたいと思ったことはやり抜くことが出来るし、やり抜くことで自分は成長し、親も結果的には応援してくれる、という学びになった。

 親は子どもに対して勝手に期待値を持って、この子はこの辺まで伸びるだろうと決めて接してくる。そのハードルはたいてい親自身の経験を元に設置されているので、子どもはそれを蹴飛ばして進んでいくのが正しい、と私は思っている。親の決めた基準なんて、蹴飛ばしたり、踏み越えたりして、自分の好きな方向にどんどん進めば良いのだ。それが若さの特権だ、と。将来の仕事につながらなくたって全然いい。その時に進んだ先に見た景色が、その後の人生をきっと豊かにしてくれる。

 もちろんその後に、何者でもない自分を受け入れたり、自分の限界と向き合ったりしながら、なりたくなかった「大人」になるステージに進むのだけれど。

 親になり、「大人」になった私は、死ぬことを恐れているし、昔ほど正義感に満ちてもいない。清濁併せ呑むようなこともある。でもそれは、ずるくなったのでも身勝手になったのでもなくて、単純に自分自身より大切な他者を持ったのだ、と思う。

 逆に言えば、若い頃に死ぬのが怖くなかったのは、自分以外の誰かに責任を感じていなかったから。正しさに拘れたのは、正論によって傷つけられる人に無頓着だったからだ。でも、若いときはそれで良いのだ。大人の価値観なんて踏み越えて、自分の正しさを求めて、新しい価値観を求めて、どんどん進め。そして世界を新しく作り変えてくれればいい。

 先に大人になった我々は、その姿を眩しく思いながら、これまでの自分の人生で培ってきた経験と知識を持って、ぶつかったり立ちはだかったりするから。もし君が倒れたら、起き上がるまで待つから、どうかどうか親を越えて進んでいって欲しい。

            (文責:M.C)


コラム(テキスト版)倉庫

2022.10.24 連載『家族だって他人』第39回「とても狭い箱の中」
2022.10.17 連載『家族だって他人』第38回「時々犬になってみよう」
2022.10.10 連載『家族だって他人』第37回「親を越えてすすめ」
2022.10.3 連載『家族だって他人』第36回 「「頑張りすぎない」ように頑張る」
2022.9.26 連載『家族だって他人』第35回「「機嫌の悪いわたし」を知ろう」
2022.9.26 三軒茶屋開室記念コラム「困れる人の傍らに」
2022.9.19 連載『家族だって他人』第34回「真実は人の数だけ」
2022.9.12 連載『家族だって他人』第33回「ポン酢しょうゆが無くたって」
2022.9.5 連載『家族だって他人』第32回「秘密は誰にでもある」
2022.8.29 連載『家族だって他人』第31回「家族を始めること」
2022.8.22 つれづれコラム「暑中お見舞い申し上げます」
2022.8.22 連載『家族だって他人』第30回「虚構の前の僕と私」
2022.8.15 連載『家族だって他人』第29回「離れても暖めて」
2022.8.1 連載『家族だって他人』第28回「家族のカタチ」
2022.7.25 連載『家族だって他人』第27回「玉虫色の僕ら」
2022.7.18 連載『家族だって他人』第26回「心と言葉と行動と」
2022.7.11 連載『家族だって他人』第25回「ある朝のこと」
2022.7.4 連載『家族だって他人』第24回「矛盾は ものの上手なり」
2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る