head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』第18回

コラム『家族だって他人』第18回 川岸の向こうに 


 自分の原家族に会いに行くときはいつも、川を越える。

 なぜか、そんなシチュエーションが多い。町中を流れる小さな川にかかった橋を通ることもあれば、やや大きめの橋を歩いて渡ることもある。

 川を見ながら道を行くとき、「此岸と彼岸」なんて言葉を思い出す。ユング心理学や箱庭療法などを学びながら、よく見聞きしていた単語だからだろうか。

 日々の生活の中で慌ただしく時間が過ぎていく「此岸」から、切り取られたような別の時間が流れている「彼岸」へ足を踏み入れる。橋を渡っているときは、なんだかそんな気分になる。
 有事の時に親元へ行くことが多い自分は、いわゆる孝行娘というよりも、悪いことを宣告しに行く死神のようだという幻想を抱く。多分、誰もそんな事は思ってもいないのだろうということは、百も承知の上で。

 そして、自宅へ戻る際には、再び橋を渡り、此岸という雑踏にまぎれた日常に帰ってきて、時間が倍速に動き始めるように感じるのだ。

 そんな此岸と彼岸の行き来も、回数を重ねれば、何ということない日常の行動パターンとなる。しかし、その当たり前の行動パターンも、例えばその場に行く必要がなくなるというだけで、失われる。それは、一つの喪失だなと思う。

 何かを失うことが、自分にとって大事なものであれば「対象喪失」と心理学では言われる。古くは小此木啓吾の著作『対象喪失 悲しむということ』で書かれてもいる。

 そんな大事な「対象喪失」ではなくても、一つの行動パターンが失われるだけでも、色々なリズムがくるってくるのだ。ついでの寄り道だったカフェでのお茶や、帰りがけの買い物だってその一つ。急に空いた時間は、前はどうやって使っていたかをもう覚えておらずに、途方に暮れる。その一つ一つが行動の喪失と感じる。その喪失に気付いてしまえば、どうしたって気持ちは影響を受ける。

 そう考えると、生活様式が一変した「コロナ禍」の新しい生活様式も、十分すぎるほどの今までの生活パターンの「喪失」体験だろう。

 良いことであれ悪いことであれ、何かを一つ失うことは、色々なものが連鎖的に失われる体験であり、そこには失われたことによって「重み」が無くなることと、その無くなったことによる「軽さ」が経験される。「軽さ」は、重みが無くなった「楽さ」だけでなく「罪悪感」を連れてくることもある。時に、寂しさにも空虚感にもつながる。

 もう、前と同じ行動はしないのだという振り返りは、時に感慨深く、心に寄せる。


 日常に戻った時にこそ、その喪失は静かに、かつ密やかに個々の中に刻まれるのだ。

 私たちは、日々の生活を通して、繰り返し何度も喪失に気づき、触れ、感じ、怒り、落ち込み、悲しみ、それを受け入れる。その対象喪失の心的過程は「喪の作業」と呼ばれたりする。作業などと言われると、そういう風にするのが良いのかと思ってしまいやすいが、あくまで、これは過程である。時に何度でも繰り返される過程である。
 何かが失われた後でも、生きるために日常生活のルーティンを行えば、喪失は至る所で目の前に現れる。それが自分の行動や生活の中に組み込まれていたものが失われることであり、そのように喪失を突き付けられた時々に想起される感情、心のプロセスそのものが、喪の作業なのであろう。

 そのプロセスに一人で晒されるのが辛すぎる時、一時的に回避することもあるだろうし、誰かがそのプロセスをともに支えてくれたり、見守ってくれたりすることで、何とか通り抜けられることもあるだろう。

 そうして、川の流れが下流へと続き、いつも通りに海に向かうように、私たちの生活もまた流れ、続いていくのである。    (文責:K.N)

コラム(テキスト版)倉庫

2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る