head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ > 第五回コラム

第五回 出会うために、出会う。



 私たちにとって誰かに出会うこと、何かに出会うこと、というのはとても不思議で貴重な経験です。良い出会いもあるでしょう。逆に悪い出会いもあるでしょう。どちらにしても、「出会う」ということは、それだけ自分にとってインパクトのある出来事です。

 なぜインパクトがある出来事なのか。それを考えるために、まず「出会う」という意味を辞書で引いてみましょう。辞書にはまず、「偶然に会うこと」とあります。そう、出会いというのは思いもよらないところで偶然に起きるのです。さらに、ただの「会う」ではなく「出」合うということは、漢字を見ても分かるように自分が外に出ていかないと会えないことを示しています。

 外に出るというのは、物理的に家から出るという意味もあるでしょう。しかし、私たちは単に外に出て街を歩いてみたとしても、必ずしも「出会う」わけではありません。その人や物事に自分で気が付かないと、出会わないままスルーしてしまいます。つまり、私たちが何かに出会うためには、自分の心が、気持ちが、外に向かないと出会えないのです。

 何かに出会うということは、自分の心が動いたという証拠です。自分の心が動き、自分以外の外側に関心を向けたという、偶然だけれども偶然だけでは起こらない一つの事実です。それが、良かったか悪かったかはひとまず、横に置いておくとしても。

 さて、今回、こんな話をしたのは、私たちのTwitterアカウントに「心理士・心理師を発見するサイト」を管理・運営している半田一郎先生から、サイト登録のお誘いを頂いたことがきっかけです。出会いは偶然のもの。しかし、それをスルーするのではなく、私たちもカウンセリングを必要としている方たちに少しでも出会えるために外に出てみようという思いから、登録させていただきました。

 出会いというものが、お互いに気持ちが向いたときに初めて起きるものだとすれば、そのための一歩をまず、踏み出してみました。出会いを積み重ねた先にいるであろう、まだ、出会っていないあなたに出会うために。  
                                文責(K.N)  


コラム(テキスト版)倉庫

2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 コラム『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 コラム『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る