head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ > 第七回コラム

第七回 時の過ぎゆくままに(つれづれコラム)



なぜ、こうも時間が経つのが早いのか…。気づけばもう、11月である。

ボーっとしていても、忙しくしていても、最近は同じぐらいのスピードで時が過ぎ去ってしまう。

時は無常である。

時間は平等に流れるとはよく言うが、実際のところはどうなのだろうか?昔、「ゾウの時間ネズミの時間」という本が流行った。時計が刻む時間は平等に過ぎたとしても、時間が経つ時の感じ方は、個々によって違う。

実際、自分を振り返ってみても、子どもの頃の方が時間が経つのが遅かったと思う。ずいぶんと、時間を持て余し、暇だなぁという感覚がとても強かった。

それなのに、大人になり年を重ねるにつれ、1時間ぐらいなら余裕でボーっとしていられる自分がいる。恐ろしい。

ボーっとするといえば、頭や心が疲れているときにお勧めなのが、昼間にボーっとすることである。明るい日差しが入ってくるところで寝っ転がり、寒くなければ窓も開けたりして、転がっていると心地良い。

マインドフルネスは、今、に気持ちを向けて感じないといけないと、つい思ってしまって意外と大変だったりする。そういうものを特に意識しなくても、日差しが入る場所では目を閉じた瞼に明るさを感じ、他にも風の音だったり感触だったり、外を通る車の音だったり、そういったものが自然に自分の感覚を刺激してくる。

なので、それ以上あまり、何も考えずボーっとしていると、ついつい知らぬ間に意識が遠のいちゃってうっかり眠っちゃったりするのだけれど。それがまた、良いんだよなぁと思う。夜の暗闇の中では、つい色々考えだしてしまって、なかなか難しい。雑念が多いんだろう。瞑想には昼間がお勧めです(個人の感想)。

昼寝、最高。

という、結論はおいておいて、とりあえず暇があると最近は、ついスマホを見たりしてしまうので、ボーっとする時間も良いものですよ。何をしていても時間が過ぎるのならば。日中ならばまだ、そこまで寒くない秋なので、外の風に当たりながら、街並みと人波を眺めるのも悪くないかと。
                            (文責K.N)
 


コラム(テキスト版)倉庫

2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 コラム『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 コラム『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.2第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る