head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』第24回

コラム『家族だって他人』第24回 矛盾は ものの上手なり  


 少し前に、学校では化粧禁止なのに、社会に出た時には女性は化粧をするのがマナーと言われるのは、矛盾してるという話しが話題になっていた。

 なるほど、言われてみればそうだなぁと、最初は思った。
でも、ちょっと考えてみよう。服装や化粧や頭髪などの校則は、学生の本分は学業だからなどの理由を言われたりもするけれど、一番の理由は、

「TPOを身に着けろ」

ってことではなかったか。そう考えれば、その本質的な部分で、学校では学生らしく、社会に出たら社会人らしくという根元の考え方ところは押えているので、校則に何も問題はないような…。

 矛盾しているのは、化粧初心者に対して、熟練のマスターのようにきっちり化粧するのがマナーだと言ってのける社会の方かもしれない。しかし、実際のところは、完ぺきではなくても許されているし、許されない場合は、指摘され直すよう言われるだけで、それで仕事をいきなりクビには滅多にならないし、致命的なミスとも言えないだろう。つまり、当たり前と言いつつもそれが出来なくても、いきなりは困らない。ある意味これも、矛盾であろうか。


 本音と建て前という言葉があるように、どうにも世の中は矛盾に満ちている。

 ことわざですら、うまくいけば「三度目の正直」と言いながら、失敗すれば「二度あることは三度ある」と言ったりする。どっちなのかと、問いただしたくなることもある。でも、こういうのは、どっちもなのである。

 子どもには大人の言うことは矛盾に満ちていると感じる。一方で大人は、子どもの立ち居振る舞いは矛盾だらけに見える。

 自分の感情に常に従えば、気持ちなんてころころ変わるものだから、昨日言ってたことと正反対のことをやりだすなんてことはよくあることだ。

 例えば、不登校で、昨日の夜は、

「学校に行く」

と言っていた子が、朝になると

「行かない!」

 となる話しはよく聞く。それは、子どもにとっては何にも矛盾のない素直な気持ちなのである。なのに、横で見ている親からすると、前と今で言ってることが違うではないかと感じる。

 一方、子どもにしてみれば、昨夜は、学校には

「無理していかなくて良いからね。」

と言っていた親が、朝になったら

「ちょっとぐらい顔を出してみれば」

なんて言い出して、矛盾してるではないかと、なったりする。
 
 矛盾を正せば、すっきりするかもしれないが、常に正されたことを実行しつづけるのは、息が詰まる。矛盾を矛盾のまま抱え込み許される方が、家族として共に生きていくには、きっとお互い楽だろう。親でも子でも相手に常に正され続けると、清き流れに住みかねて、逃げ出したくなりそうだ。

 矛盾は正すのではなく、矛盾の中で生きぬくのがいい。そして、矛盾を使いこなせるようになれば、もっといい。

 自分に都合が良いものを、その時々に使えるようになれば、矛盾もそんなに悪くない。うまくいったら

「三度目の正直」

ダメだったなら

「二度あることは三度ある」

 そう言いながら次に進み、矛盾だらけの自分の気持ちに素直に生きる日があってもいいだろう。家族のことも、矛盾ばかり言ってるなと、片目をつぶりながら暮らしていけたら、楽なのになぁと思う。でも、結局のところはそううまくいかず、ヤキモキしながら過ごしてしまうこともある。

矛盾と付き合うのも楽じゃない。

                (文責:K.N)


コラム(テキスト版)倉庫

2022.8.15 連載『家族だって他人』第29回「離れても暖めて」
2022.8.1 連載『家族だって他人』第28回「家族のカタチ」
2022.7.25 連載『家族だって他人』第27回「玉虫色の僕ら」
2022.7.18 連載『家族だって他人』第26回「心と言葉と行動と」
2022.7.11 連載『家族だって他人』第25回「ある朝のこと」
2022.7.4 連載『家族だって他人』第24回「矛盾は ものの上手なり」
2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る