head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』プロローグ

家族だって他人(プロローグ)



    歩いても〜歩いても〜小舟のように〜♪
        『ブルー・ライト・ヨコハマ』作詞:橋本 淳

 是枝裕和監督の映画『歩いても歩いても』(2008年公開)を見てから、ブルーライト・ヨコハマのワンフレーズが頭から離れない。まあ、だからこそヒット曲なんだろうなと、今更ながら納得したりする。

 肝心の映画の方は、家族は家族だから傷つけあうんだよな、というのをリアルに、繊細に描いていた。息子が父に認められたいと切望してしまうのだって、それが父親だからで、他所のおじさんだったらどうでもいいはずだ。認められたって給料が上がるわけでも、昇進するわけでもないんだし。でもそこは、父だから、息子だから、母だから、娘だから、と相手に期待し、それがほんの少し裏切られるだけで傷つき、こだわり、そんな自分を認められなくて葛藤したりする。もちろん、本当に傷つけてくる、居るだけで害になる家族っていうのも居るけど、客観的には普通の家族でも家族ゆえの傷つけ合いがあるものだ。そして、家族ゆえの愛や、労りや、思いやりもあって、それが欲しいから人はやっぱり家族をつくる。

 そんなわけで、私達はいつまで経っても家族のことで悩み、傷つけ傷つき、もがきつづける。

 世の中の殆どの事象と同じ。家族だって、良いことも悪いこともある。酸いも甘いもある。だから、家族っていいねとか、家族仲良く暮らそうとか、そんなことは言わない。どんな家族に生まれたって、あなたはあなたで幸せに暮らす権利があるし、新たな家族を作ったって作らなくたっていい。自分で家族を作らなくたって、みんな誰かの子どもだから、何処かの家族の一員だ(もしくはかつて一員だったはずだ)。

 歩いても歩いても、目指すような素晴らしい家族に届かない。それどころか、立ち止まることも逃げ出すことも出来ない。それでも、歩き続ける、すべての家族の構成員たちに、ほんの少しでも優しさや慰めや笑いが届くように願って、みこと心理臨床処のスタッフがおくる連載 『家族だって他人』 

はじまり、はじまり。



目次(毎週 月曜日更新)

殻の中の息子たちへ     (2022年1月17日公開) 文責:M.C

血は水よりも         (1月24日 〃  ) 文責:C.N

曖昧のすすめ         (1月31日 〃  ) 文責:K.N

優しい娘たちへ        (2月 7日 〃  ) 文責:M.C 

話をしようよ。        (2月14日 〃  ) 文責:C.N

親ガチャと言う勿れ?     (2月21日 〃  ) 文責:K.N

母の憂鬱           (2月28日 〃  ) 文責:M.C

話をするには         (3月 7日 〃  ) 文責:C.N

鏡は何を映すのか       (3月14日 〃  ) 文責:K.N

父の苦悩           (3月21日 〃  ) 文責:M.C

すき間のあのコやこのコの話  (3月28日 〃  ) 文責:C.N

休みが必要だ         (4月 4日 〃  ) 文責:K.N

家族の記憶          (4月11日 〃  )

あなたはあなた わたしはわたし (4月18日 〃  )            

夢のあとさき         (4月25日 〃  )

                   (以下続く)


コラム(テキスト版)倉庫

2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 コラム『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10コラム『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る