head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』第10回

コラム『家族だって他人』第10回 父の苦悩


 イクメンというワードが出現して早くも10年以上。最近は男性が家事や育児をするのは当たり前だ、という風潮がある。長引く不景気で、男性の側もひとりで家計を支えるプレッシャーに耐えながら働くより、家事も育児も家計も、妻と分担し合う方がいい、と考えるようになっているようだ。

 しかし、そうした若い世代の男性にとって、家庭に参加する父親のイメージは朧げで曖昧だ。家事や育児を妻に任せっきりにしない夫は、家庭でどう振る舞うかのロールモデルが無いのだ。

 「僕はATMにはなりたくないので、専業主婦希望の女性は嫌ですね」

 とやや怒気を含んで話す男性に会うことがある。彼の中で、家にいない父はお金を稼ぐだけで、さながら母のATMのようだと感じていたからなのか、そういった話をインターネットで見かけるからなのか。まあ、それは分かる。では、ATMのようではない父とは妻や子に対してどう振る舞うのか。俺はATMじゃない、俺の金はお前たちにはやらん、という態度は、家庭生活を円満に行うという観点では不正解だ。お金を持ってくるだけで家の中に不在だった父を否定し、外で働かずに家事育児だけをしていた母を否定するだけでは、自分が夫として父としてどう振る舞うべきかは分からない、ということである。

 良くも悪くも、家庭における母親たちの存在感は大きかった。こんなことをしてもらった、あんなことが嬉しかった、これは嫌な思い出、あんな真似は絶対しない… 良いことも悪いことも含めて、参照することが多い。もちろん、子どもをネグレクトする母も、母親不在の家庭もあるのだが、ネグレクトしていたとしても、母の不在は父の不在以上に大きなインパクトを残す。それは、日本社会において、父親が家庭に参加しないことが、当たり前のことや、仕方がないこととして、放置されてきたからだ。そして、男性たちはいわゆる社会で、(つまりは男社会のことなのだが)長時間の労働に勤しみ、居場所や役割を見出す一方で、家庭での居場所を無くしていった。

 こうして現在、家庭に参加したい、家事育児を積極的にしたい、と思う男性たちの多くが、家庭における父親のロールモデルを持たない、という事態に陥っている。そして、それに苦しんでいる男性も少なくない。

「自分の両親は仲が悪かったから、夫婦が仲良く暮らすイメージが持てない。」

「自分は自分の父親が嫌いだから、良い父とはどういうものか分からない。」

 カウンセリングの場でそう率直に話してくれる方もいるし、歳をとってから、家族とのコミュニケーションがうまく取れず、家庭に居場所がない高齢の父親たちも多くいる。家族のために頑張って働いてきたのに…というボヤキが聞こえてきそうだ。日本の父親たちの悲しいことよ。

 家庭における父親のイメージがないのは、女性の側も同じだ。だから、夫は家事育児に参加する気満々なのに、家のことに口出しされたくない、と思う妻がいたり、あれもこれもして欲しい、と夫に過剰に期待する妻がいたりする。

 さて、どうしようか。はじめの一歩は、自分の気持ちを話すこと、相手の声に耳を傾けること、これにつきる。

「僕は、きみや子どもたちに頼りにされて、感謝されるようなお父さんになりたい」

とか、

「娘に、『カッコイイ! パパと結婚したい!』と言われるようになりたい」

とか。
素直に口に出してみよう。自分がどうなりたいのかが分からなければ、まずはそこを考えるといいだろう。

 男性たちの素直な気持ちに、妻や子どもはなんと答えるだろうか。

「もう十分感謝してるよ、もっと伝えるようにするね」

と言ってくれるかもしれないし、

「〇〇してくれるようになったらもっと頼りになるな」

と教えてくれるかもしれない。あるいは、

「無理無理、あなたにはそんなことは期待してないわよ。あなたの良いところは✕✕だから、そんなことは出来なくていいの」

と自分の気づかない長所を教えてもらえるかもしれない。

 良い父のロールモデルがないことを逆手にとって、家族と一緒に、自分達家族にとっての正解をつくっていこうじゃないか。
                         (文責 C.M.)

コラム(テキスト版)倉庫

2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る