head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』第34回

コラム『家族だって他人』第34回 真実は人の数だけ 


「真実はいつもひとつ」

とは、見た目は子ども、頭脳は大人の名探偵の決め台詞だが、心理カウンセラーを生業にしていると、

「真実はいつも人の数だけ」

とつくづく思う。

親と子、夫と妻、姉と妹・・・同じ出来事でも立場が違うと、まるで違う経験をしていて、違う感じ方をしていることが珍しくない。一方にとってすごく傷ついた言葉や態度を、もう一方は全く覚えていないということもあるし、片方が相手のためを思って一生懸命やったことが、相手にとっては迷惑だったり負担だったりすることもある。毎日一緒に暮らして、よくわかっていると思っている、家族であっても。

例えば、母が高校生の娘のために、毎日お弁当を作っているとする。そのお弁当には、頻繁に唐揚げが入っている。母は、ちょっと手間だが、娘が喜ぶと思って、朝早くから娘の好物を作って入れていた。しかし娘は、毎日のように唐揚げを食べているのを友だちに揶揄されてから、人前で唐揚げ入りのお弁当を広げるのが恥ずかしく、唐揚げを入れてほしくないと思っているとする。

このとき、客観的な事実は、母が娘にお弁当を作って持たせる。そこには頻繁に唐揚げが入っている、というだけだ。それを作る側の思いも、受け取る側の思いも、客観的な事実には含まれない。だとしたら、客観的な事実に大した意味はない。そして、娘の思いも母の思いも、真実だ。だから、真実は登場人物の数だけ。

ここで、カウンセラーとしての提案。他人の真実は基本わからないので、想像はするけど決めつけないこと。自分の真実が何か、を注意深く観察して理解すること。そして、時にはお互いの真実をすり合わせること。

お弁当の例で言えば、娘が母に、

「もう唐揚げ入れないで。いつも唐揚げだねって○○ちゃんに言われて嫌だから」

と話したとする。しかし母は、
「でも唐揚げが好きなんだから、○○ちゃんの言うことなんて気にしなければいいじゃない。友だちに言われて好きなものを食べないなんて変よ」

と言って娘の発言を聞き流す。母は、娘がどれくらい○○ちゃんの揶揄が嫌か、を自分のものさしで測り、決めつけてしまう。こういうことは結構ある。

「そんなに嫌だったなんて思いませんでした」

という台詞も、よく聞く。一方で、娘の方は、負担感が強くなってくると、母が自分の好物を喜ぶと思って入れてくれている、という想像が出来なくなり、

「お母さんは、お弁当のメニューを考えるのが面倒くさいから、唐揚げばっかり入れている。」

とか、ひどいと

「お母さんは私が唐揚げばっかり食べて、太って友だちに馬鹿にされてもいいと思ってるんだ」

とか、考え始めてしまうかもしれない。それくらい、想像する側の状況によって、想像の中身は変わってしまう。なので、相手の真実は相手にしか分からないので、決めつけないこと、を前提に。

厄介なのが、自分にとっての真実も、時にわからなくなることで、自分の心の中を注意深く観察することが必要である。「家族のことを思って」言っているつもりでも、実は自分の不安や自信のなさや、不満が隠れていることもある。

「勉強しなさい!」

と子どもに怒ってしまうとき、自分の今の状況や、自分の生い立ちに、怒りや焦りの根っこがないか、振り返ってみるといい。

そして、お互いの真実を、時々は伝え合うことが大事だ。すべてを率直に話し合う必要はないかもしれないけれど、相手を大切に思う気持ちは、伝えあって悪いことはないと思う。配偶者が家事や育児を自分に押し付けて、全然分担してくれない!という文句の中に、自分は今、仕事に家事に育児に、と追われて大変で、それを他でもないあなたに助けてほしいのだ、だって自分のパートナーはあなたしかいないから、という真実が隠れているとするならば、文句よりも真実を伝えたほうが、解決に近づく、と私は思うのだけど。どうだろうか。

自分の真実を注意深く観察して理解することと、互いの真実をすり合わせること。この2つは、言うは易く行うは難しなので、助けが必要なときはカウンセリングルームのドアを叩いてくれたら、いつでも喜んでお手伝いする所存である。(文責M.C.)



コラム(テキスト版)倉庫

2022.9.19 連載『家族だって他人』第34回「真実は人の数だけ」
2022.9.12 連載『家族だって他人』第33回「ポン酢しょうゆが無くたって」
2022.9.5 連載『家族だって他人』第32回「秘密は誰にでもある」
2022.8.29 連載『家族だって他人』第31回「家族を始めること」
2022.8.22 つれづれコラム「暑中お見舞い申し上げます」
2022.8.22 連載『家族だって他人』第30回「虚構の前の僕と私」
2022.8.15 連載『家族だって他人』第29回「離れても暖めて」
2022.8.1 連載『家族だって他人』第28回「家族のカタチ」
2022.7.25 連載『家族だって他人』第27回「玉虫色の僕ら」
2022.7.18 連載『家族だって他人』第26回「心と言葉と行動と」
2022.7.11 連載『家族だって他人』第25回「ある朝のこと」
2022.7.4 連載『家族だって他人』第24回「矛盾は ものの上手なり」
2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る