head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』第28回

コラム『家族だって他人』第28回 家族のカタチ 


 私には、産んだ覚えのない、黒くてもふもふの息子がいる。別名、愛犬である。(みことのシンボル「みこ」ではない。念のため。)

 彼の感情表現はとってもストレート。家の中で私について歩く、遊びたいときはおもちゃを咥えて持ってくる、注目してほしいとひぃひぃ鳴く(ものすごく悲壮な声を出すので、無視をするには非常な精神力が必要となる)。他人が自分の縄張りに入ろうとすると吠えて威嚇する、好きな相手にはしっぽを振って飛びかかる、腹が立つと抗議のために部屋の中におしっこをする。でも、嫌なことも嬉しいこともすぐに忘れちゃうので、いつまでも怒っていたり、根に持って嫌がらせをしたり、喧嘩してギクシャクしたりはしない。

 犬にもいろいろと性格があるだろうが、うちの子は怖がりで、遊ぶのが大好きで、甘えん坊だ。人に対しても他の犬に対しても、好みがはっきりしていて、好きな人は大好き、そうではない人には全く興味を示さない。「嫌いな人」というのは今のところいなそうだ。好きな人や犬の名前を覚えていて、名前を聞くと、とてもはしゃぐ。「おばあちゃん来るよー」なんていうと大騒ぎだ。が、名前とその人物がどう結びついているのかは謎で、私の名前を聞くと、私が目の前にいても大騒ぎする(笑) ちょっとお馬鹿なところもまた可愛い。恩師いわく、人間と犬は種族を超えた養子縁組が出来るそうな。

 私の実家では、数年前まで猫を飼っていて、彼女が「にゃあ」と鳴くと、誰かが水や餌をあげたり、ドアの開け締めをしたり、と彼女の要望を叶えていた。彼女が発するのは「にゃあ」だけでも、人間の方が状況と猫の様子を見て、ニーズを汲み取っていたのだ。当然、ニーズを汲み間違えることもあるが、そういうときにも「にゃあ」と鳴き続ければいずれは正解にたどり着く。

 言葉でいろいろと説明しなくたって、考えや文化や、そもそも種族が違ったって、ちゃんと家族としてやっていける。その証拠は日本中至る所に存在する。私たちは、毛むくじゃらの息子や、牙のある妹や、羽のある弟をもったり出来るのだから、家族のカタチも構成員も、もっと自由に出来るんじゃないかなぁと思う。日本ではまだほとんど見ないけれど、お父さんがふたりのお家とか、お母さんがふたりのお家があってもいいし、数人の男女があつまって家族をつくったっていいと思う。

 参加している人が同意しているなら、他人が外から見て、とやかく言う必要なんてないと思うのだ。今は、異性愛者の男女カップルが暮らしやすいように、法制度ができていて、法律婚をしている男女が優遇されている。法律婚の男女がマジョリティで、「異性愛の男女」を基本形に考えたり、子どもをもつことを前提にしたりすると、異性愛じゃないこと、恋愛できないこと、子どもを産めないこと、様々の要因で自分をマイノリティだと感じなければいけないし、不全感を抱かないといけない。そうじゃなくて、いろいろな家族のカタチ、愛のカタチを認めていけたらいいな、と私は思う。

 そして、「家族」や「愛」の名のもとに、不当に傷つけられたり、剥奪されたりする人がいなくなるように、願って止まない。もし、父、母、血の繋がった子ども、という一見普通の家族のカタチを取っていても、家族ひとりひとりが幸せじゃなかったら、そのカタチは歪で間違っているのかもしれない。あなたが幸せになるカタチはあなたが決めて、選べばいいと思う。
      (文責:M.C)



コラム(テキスト版)倉庫

2022.8.15 連載『家族だって他人』第29回「離れても暖めて」
2022.8.1 連載『家族だって他人』第28回「家族のカタチ」
2022.7.25 連載『家族だって他人』第27回「玉虫色の僕ら」
2022.7.18 連載『家族だって他人』第26回「心と言葉と行動と」
2022.7.11 連載『家族だって他人』第25回「ある朝のこと」
2022.7.4 連載『家族だって他人』第24回「矛盾は ものの上手なり」
2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る