head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』第36回

コラム『家族だって他人』第36回「頑張りすぎない」ように頑張る 


 自分の中での金科玉条というほどでもないが、なるべく心に留めていることがある。それは、

「楽をするための手は惜しまない」

ということである。

 どうしても、忙しい日々を過ごしていると色々なことが適当になってしまう。しかし、適当にしてしまうとその後にものすごく手間も暇もかかるうえに、あまり良い結果にならないということが世の中には多すぎるのだ。

 例えば、白いシャツの上にこぼしてしまったケチャップ。後で洗えば良いかと洗濯籠に入れて放って置くと容易にその染みは落ちなくなる。すぐに洗えば手洗いで済んだものが、時間が経ってしまうと漂白剤を使ってもなんだか完全に落ちてない…ということが起こりえる。

 こういうことは、子育てにも言える。教えるのが手間だからと、子どもにご飯の炊き方も洗濯機の使い方も、お風呂の炊き方も教えないで親が自分でやっていると、気づいた頃には親がやるのが当たり前で、子どもにやってと言っても全然やってくれなくなってしまっていたり…。
 
 どんなことでも少しだけ、

自分が楽にできるようになるにはどうしたらいいか? 

と考えたり、少し先の自分が楽になるために、今しておくべきことをしたりする。この発想は、結構、未来の自分を救う。さらに、あの時やっておいた自分は偉いなぁと思ったりもして自己肯定感も爆上がりである。

 一方で、誰かのために頑張って何かをしてあげるということは、相手が喜んでくれると非常に嬉しいことではある。しかし、それが報われなかったり、感謝されなかったりすると、容易に恨みや愚痴に変わる。自分の行動だというのに、どうしてもその結果が他人の言動に左右されてしまう。なので、自分の多くの行動を人のためだけにするのは、少々危険だ。

 自分が楽をするために手を惜しまないようにするという視点で行う物事は、最終的には自分のためのことなので、相手に多くのものを期待しないで済む。もちろん、全部が自分のためだけというのだと、少々味気ない部分もあるとは思う。何事も、バランスが大事なのだ。

 とは言うものの、家の中で、職場で、家族や同僚や色々な関係の人と過ごしていると、どうしても相手を優先せざるを得ないことも多い。同時に、自分のことが後回しになりやすい。

 だから、そんなときには

「頑張りすぎない」

ということを頑張らないといけない時がある。何かをすることにはエネルギーがいるが、何かをしなければエネルギーは掛からないと思っている人は多いと思う。

 意外とそれは違う。~しない、もしくは~しすぎないために、エネルギーは、結構使われるのである。

「頑張りすぎないように頑張る」
 
 という表現がきっと、ぴったりくるぐらいのエネルギーを使う。意外と、頑張りすぎないように頑張ることは難しい。だから、もう少しだけ使いやすい言葉に変えてみよう。そう、「頑張りすぎないように頑張る」というのを、積極的な言い方に変えれば、

「楽をするために手を掛ける」

ということになるだろう。
 
 ちょっとだけ種明かし。この連載コラムも、連載に困らないように開始する数か月前から、ちょっとだけ書き溜めて始めていたりする。

 未来の楽のために、出来ること。その視点が、少しだけ未来の自分を救う。きっと。
                         (文責:K.N)



コラム(テキスト版)倉庫

2022.10.24 連載『家族だって他人』第39回「とても狭い箱の中」
2022.10.17 連載『家族だって他人』第38回「時々犬になってみよう」
2022.10.10 連載『家族だって他人』第37回「親を越えてすすめ」
2022.10.3 連載『家族だって他人』第36回 「「頑張りすぎない」ように頑張る」
2022.9.26 連載『家族だって他人』第35回「「機嫌の悪いわたし」を知ろう」
2022.9.26 三軒茶屋開室記念コラム「困れる人の傍らに」
2022.9.19 連載『家族だって他人』第34回「真実は人の数だけ」
2022.9.12 連載『家族だって他人』第33回「ポン酢しょうゆが無くたって」
2022.9.5 連載『家族だって他人』第32回「秘密は誰にでもある」
2022.8.29 連載『家族だって他人』第31回「家族を始めること」
2022.8.22 つれづれコラム「暑中お見舞い申し上げます」
2022.8.22 連載『家族だって他人』第30回「虚構の前の僕と私」
2022.8.15 連載『家族だって他人』第29回「離れても暖めて」
2022.8.1 連載『家族だって他人』第28回「家族のカタチ」
2022.7.25 連載『家族だって他人』第27回「玉虫色の僕ら」
2022.7.18 連載『家族だって他人』第26回「心と言葉と行動と」
2022.7.11 連載『家族だって他人』第25回「ある朝のこと」
2022.7.4 連載『家族だって他人』第24回「矛盾は ものの上手なり」
2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る