head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ > 第六回コラム

第六回 こだわりの…。(つれづれコラム) 



何かにこだわる。

というのが、実は大好きである。

元々、こだわらないようにしようと思えば、きっとほとんどの物事にこだわらないで、さらさらと流れて生きていくことの方が多い自分としては。

例えば、お菓子作り。材料にこだわろうと決めてみる。家の台所に転がっているそこら辺の小麦粉を使うのではなく、わざわざ、ちゃんとしたスーパーに行き、その先で製菓用のお高め小麦粉を買い、サラサラでダマになりにくいのを使う。

その、わざわざ、あるのに外まで買いに行くという無駄に手間なところ。多分、作る本人にしか分からない小麦粉が違うという、こだわり。その中に浸るだけで、とても楽しい。でも、おいしくお菓子が出来た時に、食べてくれる相手が、その内緒のこだわりに気付いてくれたりしたら、もっと嬉しい。そんな感覚。

そこには、自分に対しての贅沢と、ゆとりが溢れている。ついでに、それを認め共感し、許してくれる人がいたら(いなくても別にいいけど)、さらに心地いいという、本当に自分だけのわがままが、自分のためだけに許される。周囲の価値観に縛られる必要もない。最高の自分へのご褒美である。一見、他者からは無駄に見えるそのこだわりに掛ける手間暇も、頑張った自分に対しての肯定につながる。そんな気分になる。


一方で、自分が何かにこだわりをもつだけではなく、人のこだわりについて、知ることができるのも楽しいと思う。

その人が何に着目し、そして何に価値を置き、何を楽しいと思うのか。自分の知らない視点。目に留めることもなかったものが、スポットライトを当てて光り輝く瞬間は楽しい。

それだけではない。人が自分に向かって、こだわりを話してくれるというのは、それだけでとても貴重な体験である。なぜなら、世にいうこだわりの職人さんが無口で、あまり説明をしてくれないなんて言うのはよく聞く話だから。つまり、元々、こだわりというのは自分のためのものであって人にどうこう言う類のものではないって分かっているから無口なのだろうと思う。それでも、そのこだわりを、ほんの少しだけだとしても共有して話してもいいと思ってもらえること。それだけで、ありがたく貴重なのである。

さて、上記はどちらかというと、比較的ニュートラルな意味のこだわりについて書いたものである。こだわりという言葉には、もちろんほかの意味もあって「つかえたり、ひっかかったりする」(デジタル大辞泉より引用)意味などもあったりする。こういう意味だったりすると、こだわりが強いせいで、ときどき困ることもあるだろう。

でも、そのこだわりは、どこから来るのか。なぜ、そこにこだわるのか。それを知ること、考えること。これも、一つ、その人を知ることにつながる。自分のことで考えるならば、自分のことを見つめなおすことにもつながる。

何かに少し、目を留めて、心を留めて、思いを巡らせ、考えてみることは、ほんの少しだけ、今いる自分の世界を、構築しなおす作業にも似ている。

そんなことを考える。秋の昼下がり。(文責・K.N)
 


コラム(テキスト版)倉庫

2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 コラム『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 コラム『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.2第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る