head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』第40回

コラム『家族だって他人』第40回 失くしたのは何か ―産まれてこなかった命について―


 唐突な話で申し訳ないが、私は過去に2度、流産を経験している。自分の流産について、ぽろっと人に話すと、かなりの確率で、私も・・・ と返ってくる。

 流産だけでなく、自然には妊娠出来なくて、人工授精をして産んだ話、凍結卵を戻したけど育たなかった話。妊娠は望めず、養子をとった話。産んでいても、産んでいなくても、普段は全く表に出すこともないけれど、妊娠にまつわる傷つきや悲しみを、たくさんの女性が抱えている。そのことに気づいたのは、自分も同じ痛みを抱えているからかもしれない。
 
 家族についてコラムを書いてきて、やっぱり、産まれてこなかった命についても書いておきたくなった。
 
 流産の80%は妊娠初期と言われる12週までのあいだに起こる。まだ人の形をしていない、生命の始まり。私の場合もそうだった。

 だから、私が失くしたのは「赤ちゃん」ではない。一度も出会ったことがないし、言葉をかわしたことも触れたこともない。失くしたと思うこと自体おかしいのかもしれない。
 
 それでも、身のうちに巣食う、喪失感。私が失くしたものは何だったのだろうか? あのときはわからなかったけれど、今は分かる。私はあのとき、未来を失ったのだ。その赤ん坊が産まれて、育っていったはずの未来。その子と一緒に生きるはずだった、私の未来。
 
 あのときの子が産まれていたら、今頃・・・ という空想は、妊娠に気づいたときに生まれたパラレルワールドに対する想像だ。
そちらの世界に行くことはないけれど、今いる世界と並行して広がっている、もう一つの世界。そちらの世界では、あのときの子どもが産まれていて、その子を育てている自分もいる。子どもを失くさなかった、もうひとりの自分。
 
 パラレルワールドは別に完璧な世界ではないだろう。そちらの世界にも苦労も悲劇も起こるに違いない。こちらの世界だって、嬉しいことも楽しいこともたくさん起きる。正直、絶望している暇なんてないくらいに忙しい毎日に追い立てられている。赤ちゃんが産まれていたら出来なかったあれやこれやで、忙しくも充実した日々。
 
 それでもふと考えてしまう、もし…は一生続くのかもしれない。思い出す頻度は変わるし、思い出したときの胸の痛みも少しずつ和らいで来るものだけど。
 
 一瞬だけ私のお腹に宿って、消えていった命は、少しだけ、でも確実に、私の世界に対する感じ方を変えた。
 
「私も・・・」

と打ち明けてくれた人の多さからも、産まれてこなかった命は、私が想像している以上に多いのだろうなと思う。そして、産まれてこなかった命の記憶を抱えながら生きている人の数はもっと多い。
 
 家族について語るとき、産まれてこなかった命のことも、今の家族を形作るものの一つとして忘れないでおきたい。そして、失った未来を空想することはあっても、自分の生きている現実で、しっかりと地に足をつけて、力強く歩いていきたい。
                   (文責M.C)

コラム(テキスト版)倉庫

2022.10.31 連載『家族だって他人』第40回「失くしたのは何か~産まれてこなかった命について~」
2022.10.24 連載『家族だって他人』第39回「とても狭い箱の中」
2022.10.17 連載『家族だって他人』第38回「時々犬になってみよう」
2022.10.10 連載『家族だって他人』第37回「親を越えてすすめ」
2022.10.3 連載『家族だって他人』第36回 「「頑張りすぎない」ように頑張る」
2022.9.26 連載『家族だって他人』第35回「「機嫌の悪いわたし」を知ろう」
2022.9.26 三軒茶屋開室記念コラム「困れる人の傍らに」
2022.9.19 連載『家族だって他人』第34回「真実は人の数だけ」
2022.9.12 連載『家族だって他人』第33回「ポン酢しょうゆが無くたって」
2022.9.5 連載『家族だって他人』第32回「秘密は誰にでもある」
2022.8.29 連載『家族だって他人』第31回「家族を始めること」
2022.8.22 つれづれコラム「暑中お見舞い申し上げます」
2022.8.22 連載『家族だって他人』第30回「虚構の前の僕と私」
2022.8.15 連載『家族だって他人』第29回「離れても暖めて」
2022.8.1 連載『家族だって他人』第28回「家族のカタチ」
2022.7.25 連載『家族だって他人』第27回「玉虫色の僕ら」
2022.7.18 連載『家族だって他人』第26回「心と言葉と行動と」
2022.7.11 連載『家族だって他人』第25回「ある朝のこと」
2022.7.4 連載『家族だって他人』第24回「矛盾は ものの上手なり」
2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る