head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』第38回

コラム『家族だって他人』第38回 時々犬になってみよう


 「両片思い」

という言葉がある。両思い、ではなく両片思い。主に恋する二人が互いに相手の気持ちを推し量りかねて、自分に相手の気持ちは向いていないと思っているがその実は両思いである、という状態をいう。切なくも大変秀逸な言葉である。

 最近、人間関係のモヤモヤはほとんど全てこの両片思いが関係していると思えてならないことがままある。「愛の凸凹」でも述べたが、親が与える愛の形と、子どもが望む愛の形が必ずしも一致するとは限らない。これも一つの両片思いだろう。実はパートナー同士でも友人同士でも、これと同じ現象はありふれたことではないだろうか。

 そんなことを思いながら愛犬の散歩をしていたら、犬にはどうも両片思いはないらしいことに気づいた。

 犬は大変わかりやすい。うちの犬はブラウンアイで麻呂眉の、一見きりりとした、見るからにハスキーな見た目のハスキーなのだが、中型犬の中でも小柄な方である。それでも小型犬よりはもちろん大きいので、チワワやポメラニアン、トイプードルなどの小型犬には大抵ビビられて吠えられるか逃げられる。誇り高い和犬にも無遠慮に遊びかかって、大抵

「無礼者!」

 と叱られる(もちろん言葉は想像ですが)。それでもうちの犬は落ち込まない。名残惜しそうに振り向きはするが、次に別の犬と出会う頃には忘れているらしく、相手が自分に気づくまで、その場に伏せて待っていたりする。そうするうちに、自分より大きい犬相手でも遊んでくれるガッツのある小型犬や

「いいぞいいぞ遊んでよし!」

と誘いに乗ってくれる柴犬に巡り会えたりするのだ(何度も言いますが犬の言葉は想像です)。

 うちの犬は、個別に仲を深めることについてはそこそこ諦めがいいものの、相性の良い犬との出会いに期待することはやめない。吠えられても唸られても、一応挨拶には行こうとする(そして我々飼い主に止められる)。空気が読めないと言われればそれまでだが、犬たちの姿を見ていると、ヒトもこうだったらストレスの49%くらいは無くなるだろうなあと思うのだ。好き嫌いが明確で、そのことを表明することに恐れも後腐れもない。犬は、ヒトも含めた他者との関係において、大変ストレートだ。撫でて欲しければ自分から撫でてもらいに行くし、人恋しければ自分から近づいていく。大変分かりやすいし、自分の好きな人に好かれる方法を心得ているなあと思う。私のようなモフモフ好きなど、ちょっと愛想よくされたらイチコロである。我ながらチョロい。

 犬にはヒトが用いるような明確な言語はない。だからストレートにならざるを得ないのかもしれないが、我々人間だって、好きだとか大切だとか美味しいとか恋しいとか、せめてそういったポジティブな感情くらいは犬に倣ってストレートかつシンプルに表現しても良いのではないかと思う。

 作ったものを美味しいと褒められて、嬉しくならない人はいない。気持ちがすれ違ってしまったり遠ざかったりした相手でも

「あなたのこういうところが好きだ」

と言われたら、心にじんわり来るものがあるだろう。

特に家庭には、とても好ましいし素敵だけれど、あるのが当たり前すぎて気づかないことがたくさんある。それをわざわざ言葉にして伝えるのは照れくさいこともあるかもしれないが、それでもあえて言葉にのせるのが大切なのだ。

 自分の大切な人に大切にされる秘訣は、自分からその人を大切にすることだと、犬たちのやりとりを見ているとしみじみ思う。返報性の原理、などとわざわざ心理学の専門用語を用いなくても大変分かりやすい。

 犬にあってヒトに無いものは数限りないように思うが、ヒトにあって犬に無いものはそう多くはない。その一つが言葉なのだとすれば、それをフル活用して犬がするようなコミュニケーションを取れれば、切なく苦しい両片思いは減るのではないか。

 その切なさをじっくり味わえるのもヒトの特権だと言われればそれまでだが。

                    文責(C.N)

コラム(テキスト版)倉庫

2022.10.24 連載『家族だって他人』第39回「とても狭い箱の中」
2022.10.18 連載『家族だって他人』第38回「時々犬になってみよう」
2022.10.10 連載『家族だって他人』第37回「親を越えてすすめ」
2022.10.3 連載『家族だって他人』第36回 「「頑張りすぎない」ように頑張る」
2022.9.26 連載『家族だって他人』第35回「「機嫌の悪いわたし」を知ろう」
2022.9.26 三軒茶屋開室記念コラム「困れる人の傍らに」
2022.9.19 連載『家族だって他人』第34回「真実は人の数だけ」
2022.9.12 連載『家族だって他人』第33回「ポン酢しょうゆが無くたって」
2022.9.5 連載『家族だって他人』第32回「秘密は誰にでもある」
2022.8.29 連載『家族だって他人』第31回「家族を始めること」
2022.8.22 つれづれコラム「暑中お見舞い申し上げます」
2022.8.22 連載『家族だって他人』第30回「虚構の前の僕と私」
2022.8.15 連載『家族だって他人』第29回「離れても暖めて」
2022.8.1 連載『家族だって他人』第28回「家族のカタチ」
2022.7.25 連載『家族だって他人』第27回「玉虫色の僕ら」
2022.7.18 連載『家族だって他人』第26回「心と言葉と行動と」
2022.7.11 連載『家族だって他人』第25回「ある朝のこと」
2022.7.4 連載『家族だって他人』第24回「矛盾は ものの上手なり」
2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る