head_img_slim
HOME > コラム(note)のページ >コラム『家族だって他人』第22回

コラム『家族だって他人』第22回 触れる 和らぐ 眠くなる  


 人間の赤ん坊は、自立歩行ができるようになるまでの約1年間、当たり前に大人に抱き抱えられて移動する。その他、授乳もおむつ替えも寝かしつけも、養育者との接触の中で行われる。

 少し大きくなって自由に動き回れるようになると、養育者から離れて周りを探索し、友だちと遊んだり、時には隠れて叱られるようなことをしたりして、不安や空腹や疲れを感じたときに養育者のところに戻ってくる。

 そして、養育者にくっついたり、抱っこされたりして安心する。それからご飯を食べたり、身体を清潔で温かくしてもらったり、ぐっすり眠ったりする。信頼する養育者の手の温もりや、抱きしめられたときの腕に込められた力や、トントンとリズミカルなタッチは、子どもの心を落ち着かせる。


 年齢が上がるにつれ、親子でも抱っこしたり、手を繋いだり、というスキンシップは少なくなってくる。

 日本にはハグの文化は根付いているとは言い難いので、挨拶がてら相手を抱きしめたりしないし、めったに握手もしない。

 思春期以降、身体的に触れ合うのは、恋人や配偶者だけ、となる人は多い。恋愛中のスキンシップはリラックスというより、ドキドキするもので、それはそれで、素敵なのだけど。

 疲れたとき誰かに優しく触れてほしいと思ったり、悲しいとき誰かの胸で泣きたいなと思ったりすることは、誰にでもあるんじゃないだろうか。

 マッサージや整体のお店で、セラピストに身体を委ねて、凝りをほぐしてもらううちに、身体も心も弛んで眠くなるのは、人に触れらるということが心地よいからだと思う。他人に対して常に緊張する人は、マッサージや整体は苦手かも知れない。

 人間だって動物だから、心身の健康にとって、信頼している他者と触れ合うことは大切だ、と、私は思う。

 疲れて硬くなった肩や背中に、手を当ててさすったり揉んだりすると、相手の緊張が解けて身も心も和らいでくる。その日の出来事を、語りだす。揉んでいる方は、手を止めずに話を聞く。その内に話がゆっくりになって、寝息を立て始める。そういう相手を見て、今、文字通り「休んでいる」なあと思って安心する。

 私にとって家族は、こういうやり取りを、役割を交代しながら出来る相手であって欲しいと思う。

 性的な意味を持たない、ドキドキしない触れ合い。触れる、和らぐ、眠くなる。そんなスキンシップがある場所は、きっと温かくて帰りたくなって、そして守りたい場所に違いないから。

                 (文責:M.C)

コラム(テキスト版)倉庫

2022.6.27 連載『家族だって他人』第23回「愛の凸凹」
2022.6.20 連載『家族だって他人』第22回「触れる 和らぐ 眠くなる」
2022.6.13 連載『家族だって他人』第21回「母性神話をやっつけろ」
2022.6.6 連載『家族だって他人』第20回「挨拶のすゝめ」
2022.5.30 連載『家族だって他人』第19回「シングル」
2022.5.23 連載『家族だって他人』第18回「川岸の向こうに」
2022.5.16 連載『家族だって他人』第17回「ほどよく関わるということ」
2022.5.9 連載『家族だって他人』第16回「響きあう家族」
2022.5.2 連載『家族だって他人』目次2 「閑話休題」
2022.4.25 連載『家族だって他人』第15回「夢のあとさき」
2022.4.18 連載『家族だって他人』第14回「あなたはあなた、わたしはわたし」
2022.4.11 連載『家族だって他人』第13回「家族の記憶」
2022.4.4 連載『家族だって他人』第12回「休みが必要だ」
2022.3.28 連載『家族だって他人』第11回「すき間のあのコやこのコの話」
2022.3.21 連載『家族だって他人』第10回「父の苦悩
2022.3.14 連載『家族だって他人』第9回「鏡は何を映すのか」
2022.3.7 連載『家族だって他人』第8回「話をするには」
2022.2.28 連載『家族だって他人』第7回 母の憂鬱
2022.2.21 連載『家族だって他人』第6回 親ガチャと言う勿れ?
2022.2.14 連載『家族だって他人』第5回 話しをしようよ
2022.2.7 連載『家族だって他人』第4回 優しい娘たちへ
2022.1.31 連載『家族だって他人』第3回 曖昧のすすめ
2022.1.24 連載『家族だって他人』第2回 血は水よりも
2022.1.17 連載『家族だって他人』第1回 殻の中の息子たちへ
2022.1.10 連載『家族だって他人』(プロローグ)
2021.12.3 第8回 顧問なのかマスコットなのか
2021.11.6 第7回 時の過ぎゆくままに
2021.10.12 第6回 こだわりの…。
2021.9.10 第5回 出会うために、出会う。
2021.7.21 第4回 ほどよさのススメ―人間関係における圧について
2021.7.12 第3回 ケアに疲れたあなたへ
2021.6.30 第2回 気持ちに名前をつけてみる―ストレスと上手につきあうために
2021.5.21 第1回 人生のテキストと歴史という布 ―始まりの言葉に代えて―

 

お問い合わせはコチラまで

icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォームへ

→ご予約のお申込はこちらへ


 

ページトップに戻る